歌こころカレンダー
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

歌こころカレンダー

残り2点

¥3,630 税込

送料についてはこちら

花が咲くとき、虹を見あげるとき、南風が吹き渡るとき、渡り鳥に出会うとき、紅葉に時雨が降りかかるとき、初雪が舞うとき、春の芽が萌え出づるとき……。 日々移り変わる自然のようすに、昔、人は季節というものを名づけました。 春も、夏も、秋も、冬も、その時々の自然のようすに、人間がつけた名前です。 その名前が、暮らしになくてはならないものになって、いまでは日常的に呼び慣れています。 そんな季節のひとつに、七十二候(しちじゅうにこう)というものがあります。 一年を七十二ものこまやかな季節に分けた暦です。 「鶯鳴く」「桃始めて笑う」「温風至る」など、 風や雨、鳥や花、獣や魚や虫たちが折々に見せる自然の情景が、そのまま季節の名前になっています。 「歌こころカレンダー 自然 二〇二二」は、そんな七十二候のカレンダーです。 ひとつの季節が五日前後で移ろいゆく七十二候を、日めくりならぬ候めくりの短冊に束ねました。 一日の中に、生活のそばに、自然の兆しも生命の輝きもあることを感じていただけたら幸いです。 ※こちらは専用の箱に入れてのお届けとなります ※短冊の閉じ糸のお色はお選び頂けません